忍者アド2



グリーンファーム愛馬会 配合論

今年グリーンで出資したい馬vol.3

更新日:

今回は募集されると思っていなかったナスノシベリウスの2019の考察です。

https://db.sp.netkeiba.com/horse/2019100693/

母ナスノシベリウスは芝1400m~1800mで3勝。母父Unbridled’s SongはBCクラシック~ペガサスWC~ドバイWCを連勝したアロゲートの父としても知られており、母の配合はアメリカダート血統が重ねられてきてますが、一族には愛セントレジャー、アスコットゴールドCを制したステイヤー、オーダーオブセントジョージやフローラS1着のミッドサマーフェアの名前もあります。産駒も全姉ナスノシンフォニーがJRA3勝でホープフルステークス5着、半姉(ジャスタウェイ)ナスノフォルテもJRA1勝。

ディープインパクト×Unbridled's Songが目立ちますが、ハーツクライ×Unbridled's Songも下にあるようになかなか走っています(・∀・)

根拠として挙げるのは、Unbridled's Songの母Trolley Songがトニービンと共通するGrey SovereignとPrecipitationとナスペリオン(NasrullahとHyperionの組み合わせ)がニアリーな関係で、ハーツクライ産駒の成功パターンといえます。

もう一つの根拠がUnbridled's Songの父UnbridledはAspidistra4×4で、Aspidistraの父Better Selfはハーツの母系に入るBupersとニアリーなので、この北米パワーも受け継ぎハーツクライ産駒によく見られる後駆の緩さをあまり感じさせません。とはいえ母ナスノシベリウスはNorthern Dancerの強いクロスがないので成長曲線はゆっくり目になりますかね(^^)

まだ他の情報がないので決めかねますが、よほどのことがなければ出資したいと思います。ちなみに今年グリーンで出資したい馬のボーナスチャンスの2019も母父エンパイアメーカーなのでUnbridledを持ち合わせていて、父ジャスタウェイなので同じ根拠となるのでこの2頭に注目していきたいと思います。大物になりますように笑

-グリーンファーム愛馬会, 配合論
-, ,

Copyright© to be continued , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.